社会福祉協議会とは
社会福祉協議会とは 社会福祉協議会のめざすもの
社会福祉協議会の機能 長泉町社会福祉協議会の概要
長泉町社会福祉協議会の財政 苦情解決設置窓口事業

社会福祉協議会とは

地域の住民やボランティア、福祉・保健等の関係者、行政機関の協力を得て福祉のまちづくりをめざす民間の組織です。
社会福祉協議会の基本的な性格
構 成
地域住民、社会福祉や保健・医療、教育などの関連分野の関係者、地域社会を形成する他のさまざまな専門家・団体・機関によって構成されています。
目 的
地域が抱えているさまざまな福祉課題を地域全体の課題としてとらえ、みんなで考え、話し合い、協力して解決を図ることを目的としています。そしてその活動を通して、心ふれあう「福祉のまちづくり」をめざしています。
事 業
住民の福祉活動の場づくり、仲間づくりなどの援助や、社会福祉に関わる公私の関係者・団体・機関の連携をすすめたり、具体的な福祉サービスの企画や実施を行ないます。
組 織
市区町村、都道府県・指定都市、全国を結ぶ公共性と自主性を有する民間組織

社会福祉協議会のめざすもの

住民一人ひとりの福祉ニーズに対応しみんなが安心して暮らせるまちづくりの実現をめざします。
社会福祉協議会活動の5つの原則
社会福祉協議会は5つの活動原則に基づいて、地域の特性を生かした活動を展開しています。
  1. 住民ニーズ基本の原則
    調査等により、地域住民の要望、福祉課題等の把握に努め、住民のニーズに基づく活動を第一にすすめます。
  2. 住民活動主体の原則
    住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤として、活動をすすめます。
  3. 民間性の原則
    民間組織らしく、開拓性・即応性・柔軟性を生かした活動をすすめます。
  4. 公私協働の原則
    社会福祉、そして保健・医療、教育、労働等の行政機関や民間団体等の連携を図り、行政と住民組織との協働による活動をすすめます。
  5. 専門性の原則
    住民の福祉活動の組織化、ニーズ把握調査、地域福祉活動の計画づくりなど、福祉の専門性を生かした活動をすすめます。

社会福祉協議会の機能

社会福祉協議会には、さまざまな福祉課題解決の機能が蓄積されています。
社会福祉協議会の7つの機能
  1. 住民の福祉活動を推進する機能
  2. 関係者の連携を図る機能
  3. 福祉活動や事業を企画し実施する機能
  4. 調査研究と開発の機能
  5. 計画策定と提言の機能
  6. 広報活動の機能
  7. 福祉活動支援の機能

長泉町社会福祉協議会の概要

名称 社会福祉法人 長泉町社会福祉協議会
所在地 <長泉町福祉会館>
〒411-0943 静岡県駿東郡長泉町下土狩967-2
TEL 055-988-3920 FAX 055-986-3794
<いずみの郷>
〒411-0943 静岡県駿東郡長泉町下土狩971
TEL 055-988-6688 FAX 055-987-7689
設立認可 昭和56年12月 4日
設立登記 昭和57年 1月26日
定款 社会福祉法人長泉町社会福祉協議会定款(H29.4.1現在)PDF
役員 理事11名(会長1名、副会長2名)名簿(H29.6.15現在)PDF
監事 3名
評議員15名 名簿(H29.4.1現在)PDF
社会福祉法人長泉町社会福祉協議会報酬及び費用弁償に関する規程 規程(H29.11.29現在)PDF
社会福祉法人現況報告

社会福祉法人現況報告書及び添付書類を次のとおり公表いたします。
≪平成28年度≫
 1 現況報告書 
 2 添付書類(資金収支計算書・事業活動収支計算書・貸借対照表)

≪平成27年度≫
 1 現況報告書 
 2 添付書類(資金収支計算書・事業活動収支計算書・貸借対照表)

≪平成26年度≫
 1 現況報告書 
 2 添付書類(資金収支計算書・事業活動収支計算書・貸借対照表)(平成27年3月26日修正)

長泉町社会福祉協議会の財政

社協会費
「住み慣れた地域で、家族や友人と暮らしたい」これは多くの人が願うところです。こうした願いをかなえるためには、公的な福祉サービスが充実していることと併せて、地域の支え合い活動が必要です。「誰もが安心してくらせる長泉町」を実現するために社会福祉に理解と関心をもって社協活動を支える会員を募集しています。

<会員の種類及び会費区分>
普通会員…本町に住所を有する世帯主
特別会員…次のいずれかに該当する者
ア 公私社会福祉関係団体並びに福祉事業施設の代表者
イ その他社会福祉に協力する法人又は個人
区分 会費 支払方法
普通会費 1世帯年額 300円 自治会にて取りまとめをお願いしています。
特別会費 1口 1,000円 窓口又は自治会にて取りまとめをお願いしています。

寄付金
町民や企業の皆様から寄せられる善意の寄付金は、寄付者の趣旨に添うよう本会が実施している福祉事業の活動費として活用されています。
県補助金
ふれあい交流体験事業、在宅福祉サービス推進事業など県の指定を受けた事業には県から補助金が交付されています。
町補助金
本会は、長泉町と協同して社会福祉事業を実施しており、社会福祉法人の助成に関する条例等に基づき、運営費等の補助金が交付されています。
受託事業費
福祉会館管理事業、特定高齢者介護予防事業等の必要経費を長泉町から受託金として交付されています。
共同募金配分金
町内各世帯に働きかける世帯募金、町内企業に働きかける法人募金、啓発活動として町内学校にて働きかける学校募金、さらには職域募金などの募金活動を行っています。町民の皆様から寄せられた貴重な募金は、静岡県共同募金会へ送り、翌年の配分計画に基づいて、福祉施設や社会福祉協議会の事業等に配分されています。
介護保険収入
要介護・要支援と認定された人に対する居宅介護支援事業(ケアプラン作成)・指定通所介護事業(デイサービス)・指定訪問介護事業(ホームヘルパー派遣)等のサービスを提供して受ける利用料収入。各事業にかかる事業費・人件費等のすべてを介護保険収入でまかなっています。
支援費収入
身体障害や知的障害のある方に対して施設サービス、ホームヘルプサービスを提供して受ける利用料収入。支援費制度では福祉サービスを利用する方が施設やホームヘルプサービス事業者を自ら選択し、直接契約をおこない、サービスを利用します。

苦情解決窓口設置事業

社会福祉法第82条の規定により、当法人では利用者からの苦情に適切に対応する体制を整えています。苦情解決責任者、苦情受付担当者および第三者委員を設置し、苦情解決に努めています。