ボランティア情報
ボランティアとは ボランティア活動の4原則 ボランティアセンター
ボランティアグループ ボランティア活動保険  

ボランティアとは

ボランティアとは「自発的に、自由に行動する人」という意味で一人ひとりの人間の尊厳や、自由な意思を大事にする理念がこめられています。

ボランティア活動は、社会的、身体的ハンディ、経済的豊かさのあるなし、国境、人権、年齢の違い、社会的な地位を問わず、すべての人が社会の発展のために参加し、暴力のない、平和で平等な社会を築く大きな力となっています。

近年は、貴重な環境や文化を保存する活動などその領域は広がりつつあります。自分たちの暮らしや文化をより豊かにするために、ボランティア活動の果たす役割は大きくなっています。

ボランティア活動の4原則

  1. 自発性〔自由意志・主体性〕
    ボランティア活動は、個人の自由意志に基づいてなされる活動です。他から強制されたり、義務としてするものではありません。心の中からわきあがる思いがあります。
  2. 公益性〔普遍性・社会性〕
    ボランティア活動は、生命の尊さを考え、それを守り、育てあう活動です。そして、「誰もが安心して生活していくことができる社会」を目指していく活動です。
  3. 無償性〔無報酬性・非営利性〕
    金銭の報酬を期待して行う活動ではありません。「お金儲け」ではなく、活動を通じてさまざまな人との出会いや感動を得ることができる活動です。
  4. 創造性・開拓性・教育性
    変動する社会のニーズに積極的に関わり、より豊かな社会をめざすことが期待されます。また、活動を通して社会の仕組みや人の生き方を学ぶことができます。

ボランティアセンター

ボランティアセンターでは、ボランティア活動への住民参加を広く呼びかけるとともにその活動を推進するためにさまざまな支援を行っています。
  1. ボランティア活動に関する相談
  2. ボランティアの養成・研修
  3. ボランティア活動の登録・斡旋・援助
  4. ボランティアニーズ対応、需給調整
  5. 広報・啓発・情報発信

ボランティアグループ

■ ボランティア連絡会紹介[PDF閲覧]
グループ名 現会員数 主な活動内容
愛護の会
2
給食サービス
アニロ・グランデ
2
福祉施設等でクラシックギター、オカリナ
ハーモニカの演奏
がんの子どもを守る会
のぞみの会
5
小児がん患児及びその家族のサポート入院中・退院後の相談、広報・啓発
傾聴ボランティアふらっと
17
町内福祉施設の傾聴活動
声のサークルあけぼの
13
町広報、福祉ながいずみ、町議会だよりの視覚障害者用テープの録音、配布
災害ボランティア
ネットワーク長泉
55
災害時のボランティアコーディネート
長泉町災害ボランティア本部運営支援
小さな教室
31
知的障害児等の家庭支援・プルタブ・切手の収集
つくしの会
30
地域子育て支援、子育て親子ふれあい
点訳サークルきつつき
7
雑誌、広報誌、書籍の点訳等
長泉琴照会
(福祉芸能ボランティア)
7
福祉施設を中心に芸能活動
長泉子どもの本と
おはなしの会
14
@幼児〜お年寄りを対象に地元の昔話、紙芝居などを中心にした読み聞かせおはなし会
A昔話などの語り、読み聞かせの勉強会
長泉さわやかスタッフ
10
老人福祉施設での活動(手伝い等)
長泉町アマチュア無線
非常通信協力会
48
通信訓練、総合防災訓練、地域防災訓練
長泉町手話サークル
「いずみの会」
5
手話学習会、講習会の開催、指導等
長泉町手話サークル
ふくろうの会
32
ろうあ活動への協力と理解
ろう者の社会参加、差別のない社会にする為の活動
長泉町赤十字奉仕団
163
赤十字活動、地域福祉活動
長泉町民生委員・児童委員
協議会
84
地域福祉関係(地域の人との相談) 給食サービス    
長泉町を美しくする会
8
国道246号、また町内道路・トイレ清掃
長泉ボランティア
17
給食サービス、福祉施設での活動
長泉ロータリークラブ
24
地域貢献・国際奉仕事業
なでしこの会
5
給食サービス、福祉施設での活動
沼津年金受給者協会
長泉支部婦人部会
22
老人福祉施設での活動
萩の会
15
毎月お花、お茶(デイサービス)、一人暮らし老人給食会「仲良会」食事準備他
ふくしさぽーと長泉
15
福祉専門職による地域相談活動、研修等、災害時の相談援助活動
報恩同志会
26
切手等の収集活動
ホーム喫茶ボランティア
10
いずみの郷での喫茶活動・給食サービス
まゆの会
12
福祉施設内での活動
麦わら帽子の会
5
子どもの未来を願い、戦争悲惨さを語り 継ぐ会
リレー・フォー・ライフ
・ジャパンながいずみ
27
がん征圧のための啓発活動、がん患者・家族支援、チャリティーイベントの開催
レインボーハート
20
高齢者、障がい者、車椅子利用者を対象にリハビリを兼ねたレクリエーション活動
福祉施設訪問

ボランティア活動保険

ボランティア活動中の様々な事故によるケガや賠償責任を補償します。
加入者
ボランティア個人・ボランティアグループ・NPO法人またはその所属の無償のボランティア
被保険者
ボランティア個人・ボランティアの監督義務者・NPO法人
傷害事故に対する保険金
(死亡保険金・後遺障害保険金・入院保険金・通院保険金・手術保険金)
賠償事故に対する保険金
(賠償責任保険金)
 
加入プラン(平成29年度) 基本タイプ 天災タイプ
Aプラン(基本タイプ) 350円 500円
Bプラン(基本タイプ+地震・噴火・津波) 510円 710円
補償期間の中途で加入する場合も上記の掛金となります。なお、中途脱退による掛金の払戻はありません。
保険期間は年度保険のため4月1日午前0時から翌年3月31日午後12時までで、中途加入の場合は加入手続き完了日の翌日午前0時から翌年3月31日午後12時までとなります。
中途でのボランティアの入替えはできません。
ボランティア保険に関する詳細はこちらへ
     
Copyright (C) 2006 Nagaizumi town Council of Social Welfare. All Rights Reserved
当サイト各ページの記事・写真の改ざん及び無断転載を禁じます。